本日6月25日の毎日新聞の地方版に、冷凍「佐野黒から揚げ」を掲載いただきました!

冷凍「佐野黒から揚げ」

ソース味でカリカリ

佐野ラーメン、いもフライに続く第3の佐野グルメとして売り出し中の「佐野黒から揚げ」の冷凍食品が完成し、東北自動車道佐野サービスエリアで販売が始まった。「ソース味でカリカリ」が持ち味の佐野名物が家庭でも手軽に楽しめそうだ。

開発したのは同市の合同会社「e街佐野奉行所」(堀川悦郎代表社員)。基本のレシピを考案するなど、「黒から揚げ」による町おこしを仕掛けた同市地方創生事業「佐野パパプロジェクト」(パパプロ)の同名グループのメンバーが設立した。
冷凍食品の開発は、レシピ作りや提供店の募集と平行して昨年から準備し、昨年11月から上三川町の食品メーカーと提携し、商品化に入った。試作を重ね、このほど、黒から揚げの要件①ソース味②クリスピー③黒④スパイシー -を満たした商品に仕上げた。
今月1~2日、東京・神宮球場近くの「神宮朝市」に参加。キッチンカーで試食販売した結果、若者層を中心に好評だったという。
掘川代表は「高齢者から子どもまで食べられる一口サイズ。揚げたてがベストだが、調理済みなので再加熱しなくても、お弁当に入れられます」と話している。

「パパプロ佐野黒から揚げ」(300グラム入り)1200円(税別)。佐野市の東北自動車道佐野SA(上り線)売店のほか、6月28~30日、佐野市の佐野プレミアムアウトレットに臨時出店する同市アンテナショップにて特別販売。同市観光物産会館や道の駅「どまんなかたぬま」でも近く取り扱う予定。

~「毎日新聞」~

ありがとうございます^^

 

佐野黒から揚げの店舗情報はこちら
佐野黒から揚げのメディア掲載情報はこちら